オススメ助産院 HOME » 出産の準備情報館 » 高齢出産こそ助産院でやるべき3つの理由

高齢出産こそ助産院でやるべき3つの理由

結婚の晩婚化、女性の社会進出や活躍が目覚ましい現代では、30代後半以降の妊娠・出産が増えてきました。

それに伴い“どこで”出産を迎えるのか?といった悩みが多く聞かれるようになりました。

ここでは高齢出産の方に、助産院をおすすめしたい理由をご紹介していきたいと思います。

助産師と助産院

赤ちゃんの足

まず、妊娠・出産というと一般的に “産婦人科医”をイメージしやすいと思いますが、最近では助産院での出産に注目が集まっています。

では、そもそも助産師とはどのような仕事をするのでしょうか?それは、

  • 妊娠の確定
  • 妊婦検診
  • 親になるための心構え講習
  • 食事・生活面の指導
  • 分娩の介助
  • 産後の母子の体調管理と保健指導

といった、妊娠から産後までに及びます。

助産師は、妊娠時や産後の母子に対して、“細やかな保健的指導”を行なえるのが特徴になります。

そして、その助産師が開業し入院・分娩ができる施設が助産院で、正式には「助産所」と呼ばれます。

助産院は、ベッド数が9床以下であることが開業の条件にもなるので、助産師との距離も近くアットホームな雰囲気で、リラックスした出産を迎えやすいでしょう。

ただし、助産師は医師ではないので、“医療行為が行なえない”という点は留意しておくところかと思います。

2.助産院での出産理由1:妊娠中のケア

高齢出産によるリスク

高齢出産のリスクの中で最も気を付けておきたいことは、妊娠高血圧症候群です。

その理由として、医学研究が進み、高血圧は、母子の障害に直接的に関係する異常の中心であると認められてきたためです。

妊娠高血圧症候群になると、母子ともに病気を合併することがあります。

けれども、残念なことに、現状ではそのはっきりとした原因や効果のある予防法が分かっていません。
高齢で妊娠した女性は、このようなリスクに対して、上手く向き合い対処していく必要があり、毎日の食生活や過度なストレスの回避、適度な運動、良質な睡眠などがより一層大切になります。

こうした高齢出産を控えた妊婦さんにとって強い味方になるのが、出産を始め全てのケアを行なえる助産院です。

妊娠高血圧症候群にならないために

上述しましたように、妊娠高血圧症候群に対して効果のある予防法は見つかっていません。1997年制定の日本産婦人科学会の指導では、発症予防として1日当たり10g以下の塩分制限を勧めています。このような食事に関しての相談もできやすいのが助産院の強みでしょう。

助産院での出産理由2:出産スタイルが希望できる

助産師

助産院に注目が再び集まっている要因の1つが、妊婦の方が希望するスタイルで自然出産ができるということでしょう。

助産院での出産の場合は布団の上や畳の上でお産することが多く、他にも水中出産が可能なところもあります。

また、自宅での出産ができ、妊娠34週以降の妊婦検診も自宅で行なえるところが多いようです。

こうした自宅という最もリラックスした環境で出産できるのも助産院の魅力でしょう。

助産院での出産理由3:産後のケア

育児相談がしやすい

助産院では、産後は助産師の方が体の回復状態を診てくれ、おっぱいマッサージを行なうなど、こまめに手厚いケアしてくれます。

退院後も毎月検診が行なわれ、さらにベビーマッサージや離乳食教室を開催するなど、長期間にわたって育児サポートしてくれるところもあります。

産後うつの対策として

妊娠と出産は、まさにホルモンバランスが激動していきます。

ホルモンバランスと自律神経には深い関係があり、妊娠・出産によって起こるホルモンバランスの変化によって、自律神経失調症になりやすくなってしまうのです。

さらに、高齢出産の方は更年期障害の症状も懸念される頃になります。

また、30代後半の女性は、キャリアウーマンとして頑張ってこられてきた方が多く、性格として「頑張り屋」、「一生懸命」、「まじめ」といった方が多いのではないでしょうか?

そのため、初めての育児に悩んでいても、周囲に相談することが難しいと思う方もいるかも知れません。これらの結果、高齢出産の方は、産後うつという状態に陥りやすくなります。

けれども、妊娠時からお世話になっていた助産師がいる助産院ならば、気兼ねなく相談しやすいのではないでしょうか? 

産後うつは誰かに話すことで、苛立ちや不安が和らぎ心のバランスが取れることで、軽減しやすくなります。

まとめ

30代後半での妊娠・出産は、女性にとって肉体的にも精神的にも負担が大きいでしょう。

けれど、大切な人との赤ちゃんと会うのが待ち遠しく、子育ての楽しみや喜びがあるのも確かですね。

その喜びと不安を二人三脚で分かち合えるのが、助産院だと思います。あなたに合った助産院が見付かると良いですね。

PAGETOP