助産院の見学

一般的に、助産院よりも病院で出産しているママのほうが多いようです。そのため、助産院のことをよく知らないという方もいます。

そういった方や、自分に合った助産院を探している方に向けて、多くの助産院では、院内を見学してもらおうという取組みが行われています。
助産院へ実際に行って体験し、出産におけるケア方法やその他サポートについて確かめてみることをオススメします。

助産院を実際に見学して出産を模擬体験しよう

見学・体験の際には、最低でも次の項目は確認しておきましょう。

●院内の設備について

助産院に行ったら、分娩室はもちろん、入院室、待合室、上の子供の遊び場、各種イベントルームなどを見学させてもらいましょう。また、家族が同伴で宿泊する際の部屋なども見せてもらうと良いですね。
可能であれば、実際に分娩台に横たわってみるのも良いかも。出産のイメージトレーニングを行ってみると、その助産院が自分に合っているかどうかが分かってくるかもしれませんよ。

●費用について

助産院で掛かる料金は、分娩費用だけではありません。妊娠中のケア・健診費用や出産前講座の費用、入院費、家族同伴での宿泊費、産後の各種講座、自宅出産を希望する場合の出張費なども掛かります。
費用については、助産院で事前に具体的な説明を受けておきましょう。

●緊急時の対応

助産院は開院する際、病院と提携を結びます。緊急時は、どこの病院に行くのかを確認しておきましょう。妊婦さんのもしもの時に備えて、提携病院「NICU(新生児集中治療室)」や小児科があるかを確認しておくことが重要です。

●産前・産後のケア

妊婦は出産に向けた体作りが大切です。産前や産後は体調を崩しやすいので、母子ともに健康を維持するために、助産院が「どのようなケア体制を取っているか」「母乳育児に関する専門的な指導」などを行っているのかしっかり確認しておきましょう。

●アクセスについて

妊娠後期になると、自力では公共交通機関などでの移動が難しくなります。家族による車での送迎が移動手段になる場合が多いので、駐車場があるかどうかなども確認しておきましょう。
なかには、送迎を行っている助産院もあるようですよ。

もし見学した助産院に興味を持ったなら、その助産院で赤ちゃんを産んだママたちのサークルに一度、参加させてもらいましょう。多くの助産院には、産後のママたちのサークルがあります。先輩ママたちの貴重な助言を聞くことで、自分に合った助産院かどうかが分かるかもしれません。

場合によっては見学できない場合も

残念ですが、助産院では、次のような方はお母さんと赤ちゃんの安全のために出産が出来ません。これらに該当する場合は、見学や体験も断られる可能性があります。

  • 高齢出産に該当する人(概ね35歳以上)
  • 筋腫など、子宮に異常がある人
  • 帝王切開を経験したことのある人
  • 血液型がRHマイナスの人
  • 前置胎盤の人
  • 胎児や羊水に異常が認められた人
  • 多胎妊娠の人(双子や三つ子)
  • 逆子が認められた人
  • 合併症・感染症がある人

これらに該当する場合は、元気な赤ちゃんを産むためにも、総合病院などでの出産を選んだほうが良いでしょう。

助産院の見学についてのまとめ

ここまでは助産院の見学について説明していきました。

出産というのは家族にとって大きな出来事でもあります。その手助けをするために助産院が存在してくるのですが、やはり初めてのお産であれば事前に見学はしておきたいところでしょう。上記で述べてあることを忠実に守っておけば何の問題もありませんが、さらに深く助産院のことを詳しく知ればもっと安心して出産を迎えられるはずです。ここでは、助産院についての基礎となる部分を項目ごとにポイントとしてまとめていきたいと思います。

助産院という場所をしっかりと理解しておく

まず、助産院というのは医療行為が一切行えない、助産師自身が開業している分娩施設となります。助産師は法律により赤ちゃんを取り上げることができ、この助産師だけが分娩を扱うことができるのです。ということから、出産に関しての知識は助産師が一番持っていると思ってまず間違いはありません。しかし、帝王切開や促進剤を使っての出産は医療行為となるため、助産院での出産はあくまでも自然な形でのお産となるのです。

病院と助産院の違いについてなのですが、病院での出産というのは主に医者が母体を管理します。しかし、助産院は医療行為が一切行うことができない助産師が、妊娠から出産、産後のケアまで全て行うことになります。助産院は、育児中に関して育児相談から母乳の相談、ベビーマッサージまで行っているのですが、病院ではこういったことを大体的に行うことは稀であります。助産院のネックとなる部分といえば、万が一母体に何かしらの症状が現れ、医療行為が必要とする処置の場合に限っては何もすることができません。ですので、そういった緊急の場合は病院へと搬送されることとなります。こういう万が一に備え、正常を維持できるように妊娠中から安産に向けて体づくりや食生活などのアドバイスを常に行っているのです。

妊娠が発覚した場合、まずは何をするのか理解しておく

助産院での出産を考えている人が妊娠した場合、まずは何をすればいいのかわからないかと思われます。とりあえずは出産を考えている、もしくは近くの助産院に連絡を入れることが先決となります。そこから助産院の見学をすることになるのですが、その際に施設の案内や出産までのスケジュール、病院との連携などについての説明を受けます。

とはいえ、妊娠初期の健診は近くの病院、もしくは助産院が連携を取っている病院などで受けてもらうことになります。見学の件に戻りますが、見学で一番大事なことは助産院の雰囲気を実際に感じ取ってもらうということです。そこで助産院と病院の違いや、病院との連携などの説明を受けますので、助産院で出産を考えている人は必ず見学には行った方が無難かと思われます。その際に、できればご主人さまや親御さんなども一緒に参加された方がいいでしょう。

出産について

元気な赤ちゃんを無事出産できれば入院となるのですが、ここでよく聞く質問にご家族も一緒に入院が可能かどうかということです。これは助産院次第ということになると思いますが、大体の施設ではご家族も一緒に入院することが可能となっています。

しかし、別途で費用がかかるということだけは忘れ合いでください。お子様で約5000円前後、ご主人さまで約8000円程度の費用がかかってきます。もちろんお食事も一緒についていますので、事前に伝えておく必要はあるでしょう。それと、自宅出産は可能かという質問もよく聞きます。これに関しては大体の施設でOKを出していることだと思います。とはいえ、出産までの妊娠健診のほとんどは助産院で行いますので、あくまでも出産間近のときだけだと思っておいてください。

ちなみに、34週を過ぎたあたりから自宅での出産準備に入っていきますので、そこからの妊娠健診は全て自宅で行います。お産に関しては2人の助産師で行い、産後4日あたりまでは助産師が自宅まで来て母体や赤ちゃんの身体のチェック、産後のアドバイスなどをしてくれます。

それと、里帰り出産に関してなのですが、これに関してもOKを出している助産院が多いように感じます。とはいえ、正常な妊娠経過であるということが条件でありますので、少しでも危険を感じた場合は施設での出産を勧めてくるでしょう。どうしても里帰り出産を希望するのであれば、最初の段階から助産師に相談をするようにしましょう。

出産費用について

出産費用についてなのですが、入院分娩も自宅分娩も大体50万円前後あたりになってきます。しかし、夜間や休日など急に人員が必要になるようであれば別途で料金が加算されます。

そこから使用した薬品などがプラスされていきますので、全部で50万円以上はかかると思っていいでしょう。施設によっては出産育児一時金直接支払制度を利用しているところもあり、そういった施設だと事前に10万円弱を支払わなければなりません。

立ち合い出産について

ご主人さまや上のお子さまの立ち合いなのですが、大体の施設ではOKを出しています。

助産院というのは助産師が個人で開業している施設のため、家族以外であっても立ち合いをOKしているところもあるようです。お子さまを立ち合いさせることに不安を感じている人も中にはいるかもしれません。大体のお子さまは心がとても純粋でありますので、赤ちゃんの誕生を自然に受け止めるはずです。

小さいお子さまであっても、怯えたり泣いたりするということはほとんどありません。中には痛そうにしているお母さんを見て心配するお子さまもいますが、赤ちゃんの誕生はお母さんと同じぐらい待ち望んでいることですので、一生懸命応援してくれることでしょう。実際に立ち合いをしたお子さまのほとんどは、生まれてきた赤ちゃんのお世話を率先してやるという話はよく聞かれます。一生に何度もあることではありませんので、是非お子さまも一緒に立ち会わせてあげてほしいと思います。

陣痛から産後までの助産院での過ごし方

陣痛が始まったら助産院に来ることになるのですが、そこからは出産してからしばらくは助産院で生活をすることとなります。まず陣痛に関してなのですが、陣痛が始まればリラックスをするということがとても大事になってきます。コツとしては、力を抜いて陣痛の波に身を任せることです。後はご主人さまやお母さまなどに腰をさすってもらったり、汗を拭いてもらったりして陣痛の波を乗り越えていきます。こういったご家族の支えというのはとても大事なことでもあります。もちろん助産師も常に近くにいますので、安心して出産を迎えられると思います。

そして、無事に赤ちゃんが生まれてからも入院生活はしばらく続きます。食事は栄養化の高い和食が中心で、母乳育児も含めて育児のサポートも同時に受けることになります。病院によっては赤ちゃんとお母さんの寝る部屋が別々という場合があるのですが、助産院に関しては寝るときも赤ちゃんと一緒に過ごします。そういうこともあり、助産院は病院よりも負担をかけないように心掛けているのです。

助産院での出産というのは、一人一人の妊婦さんとゆっくり関われることが大きな特徴です。妊婦さんのペースに合わせ、無理のない育児ができるようにサポートを行っています。それと、自信を持って育児ができるようなお手伝いも助産師のお仕事となります。ひょっとすれば、ここの部分が助産院と病院の大きな違いになるのかもしれません。

PAGETOP