助産院の見学

一般的に、助産院よりも病院で出産しているママのほうが多いようです。そのため、助産院のことをよく知らないという方もいます。

そういった方や、自分に合った助産院を探している方に向けて、多くの助産院では、院内を見学してもらおうという取組みが行われています。
助産院へ実際に行って体験し、出産におけるケア方法やその他サポートについて確かめてみることをオススメします。

助産院を実際に見学して出産を模擬体験しよう

見学・体験の際には、最低でも次の項目は確認しておきましょう。

●院内の設備について

助産院に行ったら、分娩室はもちろん、入院室、待合室、上の子供の遊び場、各種イベントルームなどを見学させてもらいましょう。また、家族が同伴で宿泊する際の部屋なども見せてもらうと良いですね。
可能であれば、実際に分娩台に横たわってみるのも良いかも。出産のイメージトレーニングを行ってみると、その助産院が自分に合っているかどうかが分かってくるかもしれませんよ。

●費用について

助産院で掛かる料金は、分娩費用だけではありません。妊娠中のケア・健診費用や出産前講座の費用、入院費、家族同伴での宿泊費、産後の各種講座、自宅出産を希望する場合の出張費なども掛かります。
費用については、助産院で事前に具体的な説明を受けておきましょう。

●緊急時の対応

助産院は開院する際、病院と提携を結びます。緊急時は、どこの病院に行くのかを確認しておきましょう。妊婦さんのもしもの時に備えて、提携病院「NICU(新生児集中治療室)」や小児科があるかを確認しておくことが重要です。

●産前・産後のケア

妊婦は出産に向けた体作りが大切です。産前や産後は体調を崩しやすいので、母子ともに健康を維持するために、助産院が「どのようなケア体制を取っているか」「母乳育児に関する専門的な指導」などを行っているのかしっかり確認しておきましょう。

●アクセスについて

妊娠後期になると、自力では公共交通機関などでの移動が難しくなります。家族による車での送迎が移動手段になる場合が多いので、駐車場があるかどうかなども確認しておきましょう。
なかには、送迎を行っている助産院もあるようですよ。

もし見学した助産院に興味を持ったなら、その助産院で赤ちゃんを産んだママたちのサークルに一度、参加させてもらいましょう。多くの助産院には、産後のママたちのサークルがあります。先輩ママたちの貴重な助言を聞くことで、自分に合った助産院かどうかが分かるかもしれません。

場合によっては見学できない場合も

残念ですが、助産院では、次のような方はお母さんと赤ちゃんの安全のために出産が出来ません。これらに該当する場合は、見学や体験も断られる可能性があります。

  • 高齢出産に該当する人(概ね35歳以上)
  • 筋腫など、子宮に異常がある人
  • 帝王切開を経験したことのある人
  • 血液型がRHマイナスの人
  • 前置胎盤の人
  • 胎児や羊水に異常が認められた人
  • 多胎妊娠の人(双子や三つ子)
  • 逆子が認められた人
  • 合併症・感染症がある人

これらに該当する場合は、元気な赤ちゃんを産むためにも、総合病院などでの出産を選んだほうが良いでしょう。

PAGETOP