お母さんの出産準備

このページでは、新米ママが出産前に準備するものを紹介しています。

出産前に準備するもの【新米ママ編】

妊娠中期から後期になってくると、赤ちゃんの胎動を感じられるようになったり、性別が分かったりと母になる喜びと幸せを感じます。でも、同時に赤ちゃんの誕生に備えて準備を進めておきたいものです。

出産はあくまでも「予定」であり、いつ生まれるか分かりません。

陣痛でがきっかけになって産院に行くか、破水をして行くか。突然出産のサインが出されるという状況です。特に初めての出産ではその状況だけでも慌ててしまうこともあります。そうなったときに、バタバタしないで済むように、事前にしっかりと準備をしておきたいものです。

妊娠8~10ヶ月になったら、いつお産になっても良いように準備をまとめておく必要があります。

  • 産院で準備されているお産セット例…ナプキン、母乳パット、洗浄綿、赤ちゃん用おくるみ、赤ちゃん用おむつ、おしりふき

上記のように、産院で準備されているものもあるので、事前に相談して必要なものを確認しておくと良いかもしれません。入院日数は5日前後と考え、準備しましょう。

産院での入院手続きに必要なもの

  • すずらんイメージ母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑

妊婦検診の時にも印鑑以外は持っていかれていたと思いますが、入院の時には印鑑も必要になりますので、出産予定の1ヶ月前になりましたら、この4点はセットにしておきましょう。

産院での生活に必要なもの

産院によっては、ほぼ手ぶらで入院できるという程、入院生活に必要なものは何でも揃っていて、まるでホテルのようにアメニティー類まで充実しているという産院も少なくありません。通常、産院を選ぶ時に施設内を見学させてもらえますので、そのようなところもチェックしてみると良いでしょう。

  • パジャマ/ルームウェア…産後は母乳指導や授乳などもありますので、前開きのものを用意しましょう。退院後も重宝します。替えもあると良いでしょう。
  • ガウンやカーディガン…夜中の授乳や面会などの時にも便利です。
  • スリッパ・ソックス    
  • タオル…バスタオルやハンドタオルなど、バリエーションを豊富に。    
  • 洗髪用具…シャンプー、コンディショナー、ドライヤーなど
  • 歯磨き用具
  • スキンケア用の基礎化粧品…院内の空気が乾燥している場合に備え、リップ/ハンドクリームなども。
  • ボックスのティッシュペーパーセット
  • コップ・食器類
  • ウェットティッシュ…あれば何かと役立ちます。
  • ティーバッグ…用意されていない産院や、あってもお気に入りのフレーバーティーやハーブティーなどを持参しても良いですね。
  • 曲がるストロー…横になったまま飲めるので、あると便利です。

  • テレホンカード…産院内で携帯電話が使えない場合に備えましょう。
  • 筆記用具…入院中、母乳や育児の指導やアドバイスを受けられる産院が多いので必要です。また、出産直後の気持ちを書き留めておくのも良いですね。特に初産の方にとっては入院中は初めての事ばかりです。初めての授乳、初めての沐浴など赤ちゃんの様子や自分の気持ちなどを書き留めておく事で、思い出にもなりますし、「育児がつらい」と感じた時に読み直すと気持ちが落ち着きます。携帯のメモ機能や日記アプリなどもありますが、敢えて手書きにするのも素敵ですよ。
  • 時計…呼吸法の実践に役立つので、秒針のあるものを。産院によっては授乳のタイミングを細かく指示されますので、あると便利です。
  • カメラ/ビデオ…出産前後の記録は一生の思い出に。
  • デジタルオーディオプレイヤーなど…お気に入りの音楽は、陣痛や出産後の休養時や、気分を落ち着かせるのに役立ちます。

お産直後に必要なもの

  • 産褥ショーツ…出産直後から悪露の手当てに必要です。股の部分がテープやスナップで開閉できるようになっており、出産後も入院中、何度か診察を受けますが、その際にショーツを脱がなくて済むので大変便利です。産院から産後に着用するよう指示がある場合も多いです。替えも用意しておくと良いでしょう。
  • 産褥パッド…悪露は出産直後から数日は量が多く、個人差もありますが1ヶ月程続きます。量は徐々に少なくなっていくため、大きさの違うものを揃えておくと良いでしょう。量が落ち着いてくると、生理用ナプキンで代用できるようになります。
  • T字帯…T字帯は長い布に紐が付いている、ふんどしです。分娩や手術の時に、紐を外して着脱できるので持ち物に指示される事も多いです。お産用ナプキン安定に役立ちます。
  • 裾よけ(おこし)…分娩後にお腹を温めたり保護する腰巻きのようなもの。また、悪露で寝具が汚れるのを防ぐ役割も。バスタオルで代用しても大丈夫です。
  • お産シート…ベッドが悪露で汚れるのを防ぐのに役立ちます。
  • 授乳用ブラジャー・ハーフトップ…柔らかく、締め付けないものを選びましょう。前開きのものか、左右交互に開閉できるものが便利です。産後は個人差もありますが、母乳で汚れやすいものです。少し多めに用意しておくと良いでしょう。
  • 使い捨て母乳パッド…洗って繰り返し使えるものもありますが、入院中は使い捨てが便利です。
  • 腹帯(ウエストニッパー)…産後の体型を戻したり、冷えの予防にも。あまり圧迫しないものにしましょう。苦しいというイメージがありますが、柔らかくお腹や腰を包んでくれるものを選べば、していないよりも楽です。
  • 洗浄綿…出産時の傷口を拭いたり、授乳前に乳首を拭いたりしますので、多めに買っておきましょう。
  • ガーゼ…赤ちゃんの授乳やよだれを拭くのに使います。退院後も当分使いますので多めに買っておきましょう。

また退院用の洋服を用意するのを忘れずに。まだお腹を締め付けないスタイルを心がけるようにしましょう。その他、赤ちゃんの肌着、服、おくるみも必要ですね。おくるみは肌触りの良いものを。赤ちゃんの体温調節にもなりますし、おくるみで包まれると赤ちゃんは落ち着くようです。また、チャイルドシートもお忘れなく。新生児から使えるものを選びましょう。

出産は準備と共に情報収集が大事

出産という一大イベンドを前に、嬉しい反面、漠然とした不安や戸惑いもあるという方も多いのではないでしょうか。さまざまな情報が溢れている現代。だからこそ、何が必要なのか、情報をまとめていくことが大切です。

妊娠してから出産、育児へ。これから続いていく「子供がいる生活」の始まりを前に、何を揃えたら良いのかと迷ってしまいますね。ひとまず出産時の入院に必要なもの、産後すぐに必要なもの、退院後赤ちゃんに必要なもの、自分に必要なもの…と段階を追って準備を進めると良いでしょう。

出産に関する持ち物のアンケート結果

「出産前に準備していたもので、使わなかったものがあるか?」という質問に、「ない」と答えた人は7割弱と大多数を占めていました。その理由は、「最低限の準備しかしなかったから」という回答が多かったです。

必要になってからその都度買っていた、周囲の先輩ママにアドバイスをもらっていた、必要かどうか分からない大きなもの、例えばベビーベッドやベビーチェア、バウンサーなどはリースを利用したという声も聞かれました。何人子供が欲しいと思っているか、ということにもよりますが場合によってはリースの方がお得で、不要になった時に返せるので邪魔にもなりません。とても合理的といえます。

また最近は成長に合わせて組み替えられるベッドや椅子などもありますので、ある程度長期間使えるものは購入すると使用回数や期間で考えると良いです。

周囲の先輩ママに相談する

赤ちゃんによって好みは十人十色。ベビーカー、抱っこ紐、ベビーバウンサーなどはその子によって好みがあり、せっかく買ったのにあまり使わないということもあります。あまり使わないけど、用意しないわけにもいかない…そんなものもあります。どれくらいの価格のものを購入するか、判断する際に役立ちますので、可能であれば周囲の先輩ママに話を聞いたり、実際に使わせてもらうというのも良いかもしれません。また、店舗でも試すことができるものもありますので、事前にある程度試してみてから購入を検討するのがおすすめです。

ベビーカーなどは出産前に購入するという人が多いのですが、赤ちゃんがお出かけできるようになるのは生後1ヶ月の検診を過ぎてからと言われています。さらに時期によっては様子を見ながら無理せずに、ベランダなどで外気に触れる程度にした方が良いこともありますよね。ですからベビーカーは産後すぐには使用しないものなのです。焦らずに、出産後に購入しても間に合います。

最初からあれもこれも揃えよう!と思わずに、少しづつ必要なものをじっくり選びながら買い足していく、くらいの気持ちで楽しんで揃えていただきたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?持ち物は産院によってさまざまですが、およそこのくらいの持ち物が必要という目安にしていただければと思います。産院から持ち物リストなどをもらえたり、指示があると思いますので、早めに準備しておきましょう。

参考URL

【医師監修】出産時の入院で準備しておくべき持ち物リスト一覧 | マイナビウーマン子育て

新生児はいつからお出かけができるの? 目安や注意点を紹介します。 | 北極しろくま堂公式BLOG

ママの入院準備アイテム・授乳服の他に必要なもの|ベストサンクス

赤ちゃんのために用意したけれど、使わなかったものってある? | マイナビウーマン子育て

PAGETOP