先輩ママの口コミ体験談

助産院で出産した方々の口コミを見ると、1人目は病院で出産し、2人目以降を助産院で出産するという方が多いようです。

一度出産の経験があり2人目以降だから分娩にある程度自信があること、病院での出産に不満があったこと、が助産院を選ぶきっかけになったようです。

では、実際の口コミをいくつか見ていきましょう。

助産院で出産した先輩ママの口コミをチェック

「やっと満足の出産ができた」

3人目を助産院で産みました。1人目は総合病院、2人目は個人病院での出産でしたが、どちらも病院のペースに無理やり合わせる出産で、惨めな気分でした。

友人から助産院での出産が良かったと聞いたので、迷わず3人目は助産院へ。病院とは違う暖かい家庭的な雰囲気が気に入りました。

今回は、妊娠中も食事や運動などに気をつけ、自分で進んで出産準備をしました。お産の当日は夜中に破水し、陣痛の間隔も短くなったので、家族全員で助産院に行きました。

それからは、辛くなる陣痛にも、クッションにもたれかかったり歩きまわったりと、自分の好きな状態で乗り切れました。実際に産むときも、いろいろな体勢をして、最終的に四つん這いになって、まさに産み落としましたという感じ。

夫にへその緒を切ってもらい、家族みんなで向き合えて最高でした。助産師の先生も、タイミングを的確に読み、お産の状態に入ったあとは、とても順調だったと思います。

妊娠中から自分で取り組んで、自分の力で産んだという満足感でいっぱいです。助産院を選んで本当に良かったです。

「水中出産をしました」

3人目の出産で、水中出産にチャレンジしました。検診も、上の2人のときには、病院の検診が憂鬱だったのですが、助産院ではたっぷりと時間を取ってたくさんお話ができて、アロママッサージまでしてくれて、とても楽しいものになりました。

出産時も、陣痛がきたので助産院に移り、陣痛の合間にお風呂のお湯につかりました。すると一瞬痛みが引いたのですが、すぐにまた強い陣痛がきて、するっと出てきました。楽なお産にビックリ。

「助産院ならではの暖かい雰囲気」

2人目の出産です。検診も入院生活も居心地がよく楽しい時間でした。妊娠中から、助産師さんのアドバイスはもちろん、自分自身もこれは守ろうという前向きな気持ちが生まれ、妊娠中の体づくりも順調にできました。

分娩は、上の子を立ち会わせることに少し不安がありましたが、子供も落ちついて立ち会っているので逆に驚きました。病院とは違う家庭的な雰囲気と、助産師さんたちの暖かい言葉にとても感謝しています。

「自分で産んだ満足感」

最初の子は病院で出産し、いろいろと疑問や不満がありました。次の子は助産院でと思っていたのですが、予定日になってもなかなか産まれないので、予定日超過で病院での出産になってしまうかと不安に。

でも、助産師さんが何もしないでリフレッシュしな。と言ってくれて、気が楽になり、結果、その夜に陣痛が来ました。入院中も実家に里帰りしているような雰囲気で、おっぱいを吸おうとしない赤ちゃんに、つきっきりで指導してくれたり、夜中の授乳にも付き合ってくれたりと、出産後のいろいろと不安なときにもとても心強かったです。

もちろん、助産院での出産は失敗だったという声もありますが、それは病院での出産も同じことです。

つまりは、自分にあった満足のいく助産院を選ぶというのがポイントのようですね。

「もう一つの実家のような場所」

私は1人目を総合病院で、2人目を助産院で出産しました。

助産院での出産を考えたきっかけは、上の子を連れての入院が可能だったからです。里帰り出産できない私にとっては、とても有り難いと思いました。

妊婦健診は助産院ですが、血液検査などで数回、提携先の病院での健診に行きました。やはりアットホームな雰囲気の助産院と比べ、子連れだと大きい病院の待ち時間はとても負担で、助産院でよかったと思ったものです。

人気の助産院で、出産の時には満室でしたが、2人目だったということもあり、退院はいつでも自由でいいと言われました。私は4日目に退院しましたが、2日目で退院されていた方もいらっしゃいました。

アットホームな雰囲気で、上の子は入院中に助産師さんが遊んでくれたり、退院後もいつでも遊びにおいでと言われました。

私の場合は分娩台などではなく、少し小さめのベッドで出産しました。自分で膝を抱えて生む姿勢が楽だったので、そのまま出産。そして、自分で赤ちゃんを引っ張り出しました。頭が出てから、助産師さんにサポートされながら自分の手で引っ張り出したのは、すごく感動しました。臍の緒も自分で切りました。助産院によるとは思いますが、可能な範囲で、バースプランを伝えられるのも病院にはない助産院の魅力だと思います。それから食事が総合病院と違い、病院食という感じのものではなく、家庭的で心の込もった料理でした。美味しかったです!

「助産院で大丈夫か?正直、不安もありましたが…」

私の場合、下二人を助産院で産みました。

正直なところ、出産は急に医療行為が必要になるという事も珍しいことではないと思っていましたし、いざという時に提携先の病院に搬送されるようなことがあったら大丈夫だろうかと心配もありました。

でも、やはり助産師さん達と密に関わる事ができるので、入院中もいろいろと教えていただくことができて、とても楽しかったですよ!上の子が泊まったり自由に出入りができるのも魅力的でした。

初産の時は、私も医師が常駐している病院が安心だと思いました。でも、2人目、3人目の出産なら助産院もいいかなと思います。病院と比べて助産院は、出産がより身近に感じられる場所です。病院のように離れなくて済む助産院での出産は、上の子供にとっても、赤ちゃんが生まれるということを身近に理解することができると思います。上の子供達が成長するきっかけになりました。

心配していた会陰切開などの医療行為ですが、私の場合は妊娠中から丁寧に指導してくださった事もあってか、下2人の出産ともに切れる事もなく、産後すぐから座ったり、よく動くことができました。

一人目は強制的に会陰切開でしたが、産後痛いし、傷口を縫合した糸がつれるような、とても変な感覚でした。力を入れると傷口が痛むので、排泄が怖くてできませんでした。

そう考えると、2人目や3人目の時は、産後すぐに回復できることがとても有り難かったです。

「もしもの時も安心!ということを考えました」

2人目の出産の時、最初、助産院を見学に行きました。助産院は2人目の子と一緒に入院できると聞いたからです。確かに「家庭的」といえば家庭的なのですが、本当に普通の一軒家で、2階に個室が2部屋、1階に分娩室がありました。でも、防音などの配慮もないので、プライバシーが全くありませんでした。「夜中も良く寝られないかもしれない。」「出産直後はゆっくり休みたい。」そう思いました。それから分娩中、もしもの時はどうするのかという不安もあり、その助産院はやめました。産婦人科の病院の中に、自然分娩専用の助産師さんが分娩を手伝ってくれるという、いわゆる「院内助産院」がある病院に決めました。院内助産院は、畳の部屋で、そこでの出産も可能と言われましたが、私は逆に分娩台の方が力が入りやすかったので、病院の分娩台を使って出産しました。病院の施設を使っても、助産師さんだけで、お医者さんが見に来るということもありませんでしたが、もしもの時にはすぐにお医者さんが来てくれると思うと、精神的に楽でした。夜中の出産だったので、畳の部屋で上の子を寝かせられ、上の子と一緒に入院できたので、まさに病院と助産院の言いとこ取り!という感じでした。とても満足しています。

まとめ

助産院での出産を経験されている方のほとんどが満足されています。助産院の口コミを見ていて思うことは、助産院の最大の魅力は「家庭的である」ということ。昭和30年代までは普通であった自宅で出産するというスタイルに限りなく近い(場合によっては自宅出産を受け付けている助産院もありますので、その場合は同じですね)ということ。特に2人目、3人目の出産の時には、上の子も一緒に出産を迎えられるというところに魅力を感じている方が多くいらっしゃいました。

でもやはり、不満の声や、もしもの時のリスクに対する不安などの声も聞かれました。基本的には、妊娠高血圧症候群や糖尿病、逆子など、リスクのある出産は助産院では受け付けてもらえません。

最近話題になっている、病院内の助産施設「院内助産院」では、もしもの時には医師立会いのもと病院での出産に即切り替えることができるので安心だと言われていますが、その数はまだ少ないのが現状です。

助産院での出産では、どのような妊娠、出産にしたいか明確な希望を立てる「バースプラン」を妊婦自身が立てるなど、出産をより主体的に進めることができるというのが病院での出産との大きな違いではないかと思いますが、逆にいえば、人任せにせず、自然分娩が可能な体を自分で作り上げていくということでもあります。「自分で産むんだ」という気持ちが大切です。例えば、「分娩中、急に会陰切開が必要になったらどうするの?」と不安になるのではなく、会陰切開が必要ないように会陰マッサージなどで柔らかくなるように準備しておく、というように、何事も助産師さんのアドバイスを受け、自分でも積極的に出産と向き合うという姿勢が求められそうです。

出産という、人生の一大イベントだからこそ、どのようなスタイルが良いのか、じっくり検討してみてくださいね。 

PAGETOP