オススメ助産院 HOME » 助産院での出産をお考えの方ヘ » 助産院出産ができる人・できない人

助産院出産ができる人・できない人

助産院で扱える出産の範囲として、今まで細かい規定はありませんでしたが、2004年の5月に(社)日本助産師会の総会で、公式な基準を定めました。

妊娠中の検診で以下のことがわかった場合には、助産院での出産はできず、病院での出産となります。

助産院で出産できる基準

●以下のような病気を持っている場合

気管支喘息・血小板減少症・甲状腺機能亢進症や低下症・腎障害・先天性心疾患・関節リウマチ・全身性エリトマトーデス・シェーグレン症候群・重症筋無力症・骨盤骨折・円錐切除後妊娠・筋腫核出後妊娠・子宮頚部高度異形性・子宮癌・精神疾患など
※妊娠中に発症・悪化の可能性がある場合にも×

●母子感染の予防が必要な病気を持っている場合

B型肝炎・C型肝炎・HIV感染など※病院で適切に予防しながら出産すれば、出産時感染を防げます。

●以前に異常妊娠・出産を経験している場合

既往帝王切開・頚管無力症の既往・妊娠糖尿病の既往・重症妊娠中毒症の既往・子癇・ヘルプ症候群・血液型不適合妊娠の既往など
※これらが再発の可能性がある場合には×

●妊娠経過で以下の異常があった場合

妊娠週数不明・前置胎盤・多胎妊娠・切迫流早産・重症妊娠中毒症・妊娠糖尿病・胎児奇形・子宮内胎児発育遅延・巨大児・羊水過多・羊水過少・子宮内胎児死亡・胎児水腫・血液型不適合妊娠・過期妊娠(42週以降)・骨盤位(逆子)など
※事前に逆子や双子、胎盤が絡まっているなどがわかっている場合には×

また、出産時でも、以下のことがわかった場合には病院に搬送されます。

●母親の問題

母体発熱・退治心拍以上・破水後24時間経っても陣痛が来ない・分娩後の出血が多い・胎盤が出ない残存しているなど

●赤ちゃんの問題

早産・低体重・呼吸障害・仮死・無呼吸発作・けいれん・黄疸・発熱・出血などの異常

そのほか、妊婦自身に病気や既往がある場合、出産年齢、巨大児、予定日を超過した場合なども、用心のため、医師の診察も受けるべきだとしています。

逆に、これらの症状や問題がない場合には、助産院で出産できます。

PAGETOP