助産院でのお産のメリット

助産院とは、助産師がいる分娩のための施設です。

助産師は正常分娩を扱う国家資格を持ったプロフェッショナルです。昔は産婆と呼ばれていましたが、今では助産師と呼ばれています。

最近、話題の自宅出産は、この助産師さんが家にきてくれる方法です。そのほか、助産院のほうで可能であれば、水中出産、畳の上など、いろいろな出産スタイルで生むことができます。

助産師さんは、分娩のプロですが、医師ではないので、帝王切開や麻酔による無痛分娩、非常時の医療行為はできません。自然に赤ちゃんを産む、自然分娩の場合のみを行います。

助産院で出産するメリット

助産院で出産するメリット

以前の助産院では、自然分娩のための施設という要素が強くありました。

最近では、ただ出産するだけでなく、産前産後のケアや母親・父親クラスに特化した助産院も増えてきました。

自然分娩に再び注目が集まっていることを背景に、産前産後のケアなどができるといった“助産院”のメリットをここでは紹介していきます。

最近、注目されている“助産院”とは?

妊娠から産後まで取り扱える、国家資格を持った助産師は、妊娠時や産後の母子に対して、“細やかな保健的指導”を行なえるのが特徴になります。

一方で、助産師は分娩のプロですが医師ではないので、帝王切開や麻酔による無痛分娩、非常時の医療行為はできません。

助産師は、自然に赤ちゃんを産む、自然分娩の場合のみを扱います。

助産師が開業し入院・分娩ができる施設が助産院で、正式には「助産所」と呼ばれます。

助産院は、ベッド数が9床以下であることが開業の条件になり、決まった助産師が最初から最後まで面倒を見てくれます。

妊娠中の検診の時から定期的に診てもらえ、出産時の取り上げも同じ助産師が行ないます。

また、産後も赤ちゃんの健康や母乳の相談に乗ってもらえるなど、同じ助産師が末永く付き合ってくれます。

助産院で出産するメリット

妊婦

(1)妊娠中のケア

妊婦健診のとき、必ず血圧を測ります。なぜ、毎回、血圧を見る必要があるのでしょうか?

それは、妊婦の方が最も気を付けておきたいことが、妊娠高血圧症候群だからです。その理由として、医学研究が進んだことで、高血圧は、母子の障害に直接的に関係する異常の中心であると認められてきたためです。

妊娠高血圧症候群になると、母子ともに病気を合併することがあります。けれども、残念なことに、現状ではそのはっきりとした原因や効果のある予防法が分かっていません。

妊娠した女性は、このようなリスクに対して、上手く向き合い対処していく必要があり、毎日の食生活、適度な運動、良質な睡眠などが大切になります。

たとえば、1997年制定の日本産婦人科学会の指導では、発症予防として1日当たり10g以下の塩分制限を勧めています。

このような食事に関しても、細やかな指導ができるのも助産院のメリットといえます。

(2)産前のケア

助産院では、助産師が“細やかな保健的指導” (食事・生活面、“母親、父親クラスの開催(親になるための心構え)”)を行ってくれます。

こうしたことから、相談・支援や妊婦の方たちのサークルの場を提供するといったことに、特化した助産院も増えてきました。

(3)産後のケア

助産院は妊娠中だけでなく、産後においての相談や支援も行なえます。

母体が回復するまでの産後3週間、いわゆる「床上げ」の期間は横になり安静にすることが理想とされています。

けれど赤ちゃんや上の子のお世話でゆっくり体を休めることが難しい現状もあります。

そんな産後の一番大変な時期を乗り越えるために、入院することが産褥入院です。

<産褥入院で受けられるサービス>

  • 助産師が常駐しているため協力体制は万全
  • 母乳育児に対するケア・サポートが充実している
  • 産後に最適な栄養バランスやカロリーを考慮した手作りの食事などが提供される
  • 必要に応じて助産師が赤ちゃんを預かってくれるので、心身を休めることを優先できる
  • 授乳や抱っこ、沐浴の仕方などをじっくり学べるので育児が初めてでも安心
  • 上のお子さんや父親も同室で宿泊できる
  • アロマセラピストが体調に合わせてアロマオイルを調合してオイルトリートメントを行う
  • 国が産前産後ケア事業を推進していることから、産褥入院に助成をする自治体も増えている
    (注意:助産院によってサービス内容が異なるため、事前に確認してください。助産師による赤ちゃんの一時預かりや沐浴などを積極的に行なっていない助産院もあります)

他院での出産でも相談や支援を受けられる

赤ちゃんの手

総合病院やクリニックで出産した後、その足で助産所に産褥入院することができます。

実は、産婦人科病院で出産をした女性の多くは、母乳の悩みを助産院がサポートしてくれることを知りません。

助産院で出産していない方も気兼ねなく、 “おっぱいが痛い、母乳が出ない”といった母乳育児の悩みを、助産院に相談しに行けます

出産スタイルが希望できる

最近、話題の自宅出産は、助産師さんが家に来てくれる方法です。

その他、助産院の方で可能であれば、水中出産、畳の上など、いろいろな出産スタイルで生むことができます。

好きな場所で、好きな体勢で産むことができる点も魅力です。

それぞれの助産院の意向や体制もありますが、助産院の一部屋での出産をはじめ、自宅で産むことも可能です。

赤ちゃんが自然に出てくるまで根気よく対応し、妊婦の楽な姿勢を尊重してくれます。

まとめ

いかがでしたか? 助産院での出産は妊婦の希望を積極的に叶え、産む側が主体となってお産を進めます。

助産師は、妊婦が主役の出産を、プロの立場で支えてくれます。

さらに、総合病院やクリニックで出産した方でも、助産院で産後ケアを受けることもできます。

これから妊娠や出産を考えられている方にとって、自然分娩や産前産後のケアを受けられる“助産院”は、とてもメリットが多く魅力的な施設でしょう。

PAGETOP