助産院でのお産のメリット

助産院とは、助産師がいる分娩のための施設です。

助産師は正常分娩を扱う国家資格を持ったプロフェッショナルです。昔は産婆と呼ばれていましたが、今では助産師と呼ばれています。

最近、話題の自宅出産は、この助産師さんが家にきてくれる方法です。そのほか、助産院のほうで可能であれば、水中出産、畳の上など、いろいろな出産スタイルで生むことができます。

助産師さんは、分娩のプロですが、医師ではないので、帝王切開や麻酔による無痛分娩、非常時の医療行為はできません。自然に赤ちゃんを産む、自然分娩の場合のみを行います。

助産院で出産するメリット

助産院で出産するメリット

最近注目されている助産院での出産は、どのような点がメリットなのでしょうか?

まず、助産院は助産師さんがいる施設とお伝えしましたが、まさに、助産師さんがいてこその施設です。

つまり、決まった助産師さんが最初から最後まで面倒を見てくれます。

妊娠中の検診の時から定期的に診てもらえ、出産時の取り上げも同じ助産師さんが行います。また、産後も赤ちゃんの健康や母乳の相談に乗ってもらえるなど、同じ助産師さんが末永く付き合ってくれます。

好きな場所で、好きな体勢で産むことができる点も魅力です。

それぞれの助産院の意向や体制もありますが、助産院の一部屋での出産をはじめ、自宅で産むことも可能です。

赤ちゃんが自然に出てくるまで根気よく対応し、妊婦の楽な姿勢を尊重してくれます。

このように、助産院での出産は、妊婦の希望を積極的に叶え、産む側が主体となってお産を進めます。助産師さんは、妊婦が主役の出産を、プロの立場で支えてくれるのです。

自然の形で出産したいという方には、とてもメリットがある出産方法ですね。

PAGETOP