病院との違い

病院での出産と助産院での出産の違いを解説していきます。

助産院と病院の違い

助産院と病院の違い

助産院と病院の違いは、ズバリ、産婦人科の医師がいるか、いないかです。

妊娠中の検診では、エコー検査などで赤ちゃんの状態をチェックします。

こういた機器は病院だけと思いがちですが、今どきの助産院では、いろいろな機器が導入されているので、検診時を比較すると、助産院と病院に違いは特にありません。

一番の違いは、出産時。

帝王切開や麻酔での無痛分娩をする場合には、医療行為になるので、病院でしかできません。また、出産時に赤ちゃんが出やすいように会陰切除する場合がありますが、これもメスが必要なので医療行為=病院のみになります

普通に自然に分娩をする場合には、病院も助産院も同じです。

病院で産む場合出も、普通の分娩の場合は、実は助産師さんが介助しているということも多いようです。特に問題もなく、普通に分娩する場合は、実はお医者さんは不要なのです。

また、もう一つの助産院と病院の違いとして、担当者のことがあります。

助産院の場合は、検診から出産時も同じ助産師さんが診てくれることが普通ですが、病院の場合は、担当制になっているため、検診と出産時の担当者が違うこともしばしばです。

助産院の安全性

助産院の安全性

特に問題がなければ医師は必要ないとお伝えしましたが、では逆に、助産院で出産時に何かあったときにはどうするのか、その安全性が心配です。

自然分娩を希望していても、出産時に何か問題が発生し、急に帝王切開が必要になったりすることがあります。

助産院では医療行為は行えないので、この場合、病院に搬送されることになります。助産院では、万が一に備えて病院と提携していることがほとんどで、その病院に搬送されることが多いようです。

また、産婦人科の病院の中に、助産院を併設しているところもあります。こういった助産院なら、同じ施設内に産婦人科医が常駐しているので、何かあったときにも対処が早く、安全性は高いと言えるでしょう。

こういった院内助産院であれば、さらに安心して出産できますね。

費用について

助産院、病院での妊婦健診や出産は、保険が利かないため、費用が掛かります。

費用は、助産院、総合病院、有名な私立病院、個人病院など施設で料金が異なります。また、大部屋、個室などの部屋の違いや、自然分娩、無痛分娩、帝王切開などの分娩方法でも変わってくるようです。中には、家族立ち会い、多胎(双子、三つ子など)の場合、時間外分娩で費用がかさむこともあります。

自然分娩で掛かる費用は、助産院・自宅分娩が約420,000~510,000円、病院が430,000~600,000円です。
帝王切開で出産する場合は、健康保険が適用され、医療費の3割を負担します。

「出産育児一時金」は、これらの費用をフォローしてくれます。手続きは助産院や病院で行います。国民健康保険、または健康保険に加入しており、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した方が受給できるのです。子ども1人につき4200,000円が支払われ、多胎だと人数分支払われます。

費用が420,000円以下だった場合、手続きして1~2ヶ月後に指定口座へ振り込まれます。420,000円以上掛かる場合は、退院時にその差額を現金で支払うシステムです。

費用は、助産院や病院によってさまざま。個室代に関しても20,000~100,000円と差があるため、事前に費用をチェックして下見をしておく必要があります。

出産は家族や女性にとっての一大イベントのひとつ。長いお付き合いになる助産院や病院は、有名どころや費用にはこだわらず、助産師、医師、スタッフなどの人柄で選ぶのが良いでしょう。

PAGETOP