オススメ助産院 HOME » 助産院での出産をお考えの方ヘ » 助産院は安全?助産院と病院の違い

助産院は安全?助産院と病院の違い

病院での出産と助産院での出産の違いを解説していきます。

助産院と病院の違い

助産院と病院の違い

妊娠、出産は女性やその家族にとっても大きなイベントといえます。 一生のうち、何度もできない経験だからこそ、決して短くはない妊娠期間、そして出産、産後に至るまで、どのように過ごすかを考えることは重要です。核家族化が進み、仕事をしながら妊娠期間を過ごす方、里帰り出産をしないという方も多い現代。自分に掛かる体力的、時間的、経済的な負担、そして出産や産後の不安などはできる限り軽減したいものです。

そこで今回は助産院と病院の違いをみていきたいと思います。

助産院と病院の違いは、ズバリ、産婦人科の医師がいるか、いないかです。助産院には産婦人科の医師はいませんが、妊娠や分娩のスペシャリストであり、国家資格を持った助産師さんが妊娠から出産、産後までをケアをします。

病院でも助産院でも、妊娠から出産までのケアの流れは同じで、大きく3つに分類されます。

①血圧、体重、を測ったり各種感染症などの検査、胎児のエコー検査、食事指導などをはじめ、生活習慣に関する指導などをする妊婦検診
②分娩
③沐浴指導、母乳ケア、ベビーマッサージや両親教室などの様々な講座

このように妊娠中から出産、産後に至るまで、さまざまなことをフォローしてくれます。

それぞれのケアで、病院 と助産院の特徴や違いを紹介しましょう。

助産院と病院の違いは、ズバリ、産婦人科の医師がいるか、いないかです。助産院には産婦人科の医師はいませんが、妊娠や分娩のスペシャリストであり、国家資格を持った助産師さんが妊娠から出産、産後までをケアをします。

病院でも助産院でも、妊娠から出産までのケアの流れは同じで、大きく3つに分類されます。

①血圧、体重、を測ったり各種感染症などの検査、胎児のエコー検査、食事指導などをはじめ、生活習慣に関する指導などをする妊婦検診
②分娩
③沐浴指導、母乳ケア、ベビーマッサージや両親教室などの様々な講座

このように妊娠中から出産、産後に至るまで、さまざまなことをフォローしてくれます。

それぞれのケアで、病院 と助産院の特徴や違いを紹介しましょう。

①妊婦検診

妊娠中の検診では、エコー検査などで赤ちゃんの状態をチェックします。

こういった機器は病院だけと思いがちですが、今どきの助産院では、いろいろな機器が導入されているので、検診時を比較すると、助産院と病院に違いは特にありません。

検診の項目自体は変わりありませんが、助産院での妊婦健診は「病院より保健指導が手厚い」傾向があります。

病院には数多くの妊婦さんが来院します。助産院では扱えないような、医師の管理や医療介入が必要なハイリスクの妊婦さんもいます。そんな中で、ゆっくり時間をとってもらうのはなかなかむずかしいことですよね。でも、実は助産院は入院患者用のベッドの数が9床以下と定められているため、病院よりも出産する妊婦さんの人数や分娩の数が少ないのです。なので、助産院では、病院よりもゆっくりと話を聞いてもらうことができます。

できることなら、分娩時は麻酔や陣痛促進剤を使わない「自然分娩」を目指したいですよね。助産院では、そのためのアドバイスをもらえたり、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病を防ぐための食事や体重管理などを、助産師さんにしっかりと相談できます。また、助産師さんは数多くの妊婦さんとじっくり関わり、さらに経験豊富なので、赤ちゃんが生まれることで「お兄ちゃん・お姉ちゃん」になる上のお子さんとの関わり方や、誰もが漠然と抱えている産後の不安など、誰に相談していいのかわからないような、分娩以外の悩みなども相談にのってもらえます。

そしていよいよ出産後は、子育てが始まります。わかってはいるけれど、産後のことを考えると不安になってしまうこともありますよね。助産院では、妊娠中だけじゃなく出産後のことまで相談できるので安心です。妊婦さんの心強い味方になってくれるでしょう。

②分娩

一番の違いは、出産時。

帝王切開や麻酔での無痛分娩をする場合には、医療行為になるので、病院でしかできません。また、出産時に赤ちゃんが出やすいように会陰切除する場合がありますが、これもメスが必要なので医療行為=病院のみになります。

普通に自然に分娩をする場合には、病院も助産院も同じです。

病院で産む場合でも、普通の分娩の場合は、実は助産師さんが介助しているということも多いようです。特に問題もなく、普通に分娩する場合は、実はお医者さんは不要なのです。

また、もう一つの助産院と病院の違いとして、担当者のことがあります。

助産院の場合は、検診から出産時も同じ助産師さんが診てくれることが普通ですが、病院の場合は、担当制になっているため、検診と出産時の担当者が違うこともしばしばです。お医者さんと同じく、助産師さんも検診から担当してくれた人が連続して出産時も担当してくれたら心強く、安心する妊婦さんが多いようです。

また、助産院と病院では出産方法も違います。

病院では、ほとんどが「分娩台」での出産になります。最近では、陣痛室から分娩室へと部屋を移る必要がなく、陣痛、分娩、回復を全て同じ部屋で行うことができる「LDR」という施設がある病院も多くなってきましたが、やはり分娩台には変わりありません。

助産院では、「どんなお産をしたいか」という妊婦さん自身が思い描いている出産方法(バースプラン)を聞き取って、それに寄り添った「フリースタイル」での分娩が得意です。そのため、助産院では分娩台ではなく自宅のようにリラックスできる和室に敷いた「布団」でお産をすることが多いです。

また、一般的な仰向けの姿勢だけではなく、四つん這いや横向きなど、妊婦さん自身が一番楽な姿勢で自由に分娩できるようにサポートしてくれます。フランスやイギリスなどで普及している出産方法の一つで、陣痛の痛みが和らぐと言われている「水中出産」や今人気の「自宅出産」ができる助産院もあります。

助産院と病院では、雰囲気や設備の違いもあります。

病院は、食事や設備にこだわっているところも多く、食事のメニューが高級レストランのようだったり、広々とした完全個室でシャワーとトイレは完備、テレビも見放題など、豪華なホテル気分を味わえるような至れり尽くせりの病院もあります。また、総合病院では、万が一、赤ちゃんに緊急の事態が起こった時にはNICU(新生児集中治療室)で処置をしてもらえたり、小児科医が常駐している安心感はあります。

助産院は、とにかくアットホームで健診時から入院中も手厚いケアが受けられます。自然分娩だけを扱うため、院内の雰囲気も明るく穏やかで居心地が良いと感じる人が多いようです。

助産院と病院ではそれぞれの良さがあります。自分はどんなお産をしたいのかをよく考え、思い描いている「バースプラン」を叶えてくれる産院を選ぶことをおすすめします。また、「自分のお産のリスク」と合っている産院なのかということも考慮すると良いでしょう。

助産院の場合、近隣の産科がある病院と提携しており、万が一の場合には病院へ搬送されるなどの処置が取られます。また、妊婦検診においても提携する病院での受診を義務付けています。血液、精密超音波、膣分泌物などの各種検査は病院で受ける必要があります。このような検査は病院で受けているので安心です。

③ベビーマッサージや両親教室などの様々な講座

病院でも助産院でも、妊婦さんや産婦さん向けの様々な講座が用意されています。講座はどちらも自由参加で、内容も様々です。最近では、ベビーマッサージやマタニティヨガ、産後ヨガ、母乳教室などの妊産婦さんのための講座だけではなく、パパも一緒に参加できる両親教室や、「イクメン教室」と呼ばれる父親向けの講座を行う産院も。

産後は赤ちゃんの沐浴や授乳、おむつ替えなどのお世話だけでも大変です。

抱っこのしかたや赤ちゃんとの接し方なども含めてパートナーと一緒に学ぶことで、親としての自覚や育児への理解と共感が生まれます。産後、夫婦の「すれ違い」などの状況を生まないためにも、ぜひ夫婦二人で助け合って育児ができる環境を作っていただきたいと思います。

初産であればなおさら経験がない分、学ぶことは大切ですから、講座が充実している施設を選ぶことをおすすめします。

どの講座が行われているかは、病院ごと助産院ごとに違います。ですので、講座の種類に関しては、病院と助産院の違いを挙げるのは難しいのですが、雰囲気や参加人数の違いはあると言えます。やはり、妊婦健診同様に、妊婦さんの数が少ない助産院の方が、アットホームな雰囲気でじっくりと受講できそうです。

しかし、助産院によっては産後の母乳相談、育児相談だけというところもあります。

個人でやっている小規模な助産院では出産の介助がメインになるというところや、自宅出産のみというところもあります。内容が病院以上に差があるのが助産院です。

妊娠中から出産、出産後も含めて自分の求めていることができる助産院を探すと良いでしょう。

助産院の安全性

助産院の安全性

特に問題がなければ医師は必要ないとお伝えしましたが、では逆に、助産院で出産時に何かあったときにはどうするのか、その安全性が心配です。

自然分娩を希望していても、出産時に何か問題が発生し、急に帝王切開が必要になったりすることがあります。

助産院では医療行為は行えないので、この場合、病院に搬送されることになります。助産院では、万が一に備えて病院と提携していることがほとんどで、その病院に搬送されることが多いようです。助産師さんは多くの妊婦さんを見ていて、ひとりひとりとじっくり関わっているので、妊婦さんの変化にも気が付きやすいでしょう。危険な状態と判断したら、すぐに提携している病院に連絡してくれます。

妊婦さんがたらい回しにされる事件などを聞くと不安になってしまいますが、最近では、助産院で定期的に健診を受けている妊婦さんは、病院に受け入れてもらえるように制度が整っていることが多いようなので、たらい回しに関しては心配ないようです。

また、産婦人科の病院の中に、助産院を併設しているところもあります。こういった助産院なら、同じ施設内に産婦人科医が常駐しているので、何かあったときにも対処が早く、安全性は高いと言えるでしょう。

こういった院内助産院であれば、さらに安心して出産できますね。

助産院と病院の費用について

助産院、病院での妊婦健診や出産は、保険が利かないため、費用が掛かります。

費用は、助産院、総合病院、有名な私立病院、個人病院など施設で料金が異なります。また、大部屋、個室などの部屋の違いや、自然分娩、無痛分娩、帝王切開などの分娩方法でも変わってくるようです。中には、家族立ち会い、多胎(双子、三つ子など)の場合、時間外分娩で費用がかさむこともあります。

まず分娩だけをみてみますと、健康保険が適用されない自然分娩は全額自己負担となります。費用はおよそ150,000〜250,000円というところが多いようです。

また、厚生労働省の調査によれば全体の分娩の約2割が帝王切開だそうですが帝王切開で出産する場合は、健康保険が適用され、医療費の3割を負担します。そのため、費用は自然分娩と同じか、安くなるということもあるそうです。

そして無痛分娩の場合、費用は自然分娩に10,000〜160,000円追加されるようです。

ほとんどは「分娩、入院費」として合計金額として考えますので、分娩に掛かる費用はあくまで内訳と考えてください。

分娩、入院に掛かる費用は、施設によっても大きく異なります。

無痛分娩について

無痛分娩とは、陣痛が始まってから硬膜外麻酔を打ち、痛みを緩和させる方法です。脊髄近くにある硬膜外腔に細いカテーテルを挿入し、局所麻酔薬を少量ずつ注入します。痛みを感じる神経の近くに注入するので、痛みにはとても有効だそうです。

自然分娩では陣痛が数時間から長い人では数十時間も続く人もいて、その間、一定の間隔で強烈な痛みが「襲ってくる」という感覚です。

しかもその陣痛の痛みの間隔は次第に近付いていきます。吐き気なども伴うことがあり、陣痛が始まると、十分な食事もできない、という場合も。そのため、かなり体力を消耗します。それに対して無痛分娩の場合、陣痛の時でも読書をしたり、談笑できる程度なのだとか。自然分娩に比べて体力を消耗しないため、産後のダメージも少なく、仕事を持つ女性や里帰り出産ができないという状況の方にも支持されているのだとか。無痛分娩は今後ますます需要が高まるのではないかと言われています。

しかし、この無痛分娩に関しては医療行為が伴う出産ですので、医師のいる病院でのみ可能です。欧米では既に10年以上前から普及している無痛分娩ですが、日本ではまだまだ無痛分娩が可能な病院も少ないということや、高額になるのでは?という不安、そしてやはり伝統的な出産に対する考え方などがあり、それほど普及していないようです。

そして気になるのは無痛分娩における重篤な事例が最近になっても起こっているということです。意識不明や脳障害、死亡など母子共に大変痛ましい事故が起こっています。そのため、無痛分娩に関しては抵抗を感じている方も多いのではないでしょうか。

先ほど説明したとおり、無痛分娩は脊髄近くにカテーテルを挿入し、麻酔を注入する、とても高度な医療行為が伴います。それを個人の産院などでは産婦人科医1名だけで行っているところも少なくありません。

このような病院では技術的にもマンパワーも不十分である可能性もあり、問題になっています。無痛分娩は麻酔科医と新生児科(小児科)の医師が常駐しているような体制が整った病院で行うのが理想的です。

出産と入院費の費用

上記に書いたとおり、分娩に掛かる費用とは別に「分娩、入院費」として、出産に関わる入院の費用と考えなくてはなりません。

通常、自然分娩では4泊、帝王切開では1週間から9日程度の入院が必要となります。産科医療補償制度掛け金、新生児管理保育料、処置料、薬剤料などさまざまな料金が加わります。命の誕生は、まさに356日24時間気が抜けません。それだけに、相応の料金も掛かるといえます。

出産と入院費の費用は、助産院や病院、個人経営のクリニックなどによってさまざま。

病院にもよりますが分娩、入院費用の相場、およそ大学病院では35万円前後、総合病院では40万円前後、個人病院では40万〜100万円といったところです。助産院は市民病院や公立病院同様、料金の相場は安めの設定というイメージですが、実際は助産院だから安い、というほどの差は見られません。むしろホテルのように豪華な個人病院と費用は変わらない助産院も珍しくはありません。

個室代に関しても20,000~100,000円と差があるため、事前に費用をチェックして下見をしておく必要があります。個室は考えていないという方も、施設によっては相部屋が埋まってしまっているので、個室しか空いていないと(相部屋が空き次第移動するとしても)何日かは個室使用料がかかってしまうということも珍しくありません。出産のタイミングばかりは調整できませんので、そのようなこともあり得ます。

助産院では個室であることが多いので、そういった意味では相部屋の病院の方が費用が安いということもあります。

「費用が安いから助産院で」と考えるのではなく、出産に対する考え方、妊娠から出産、産後をどのように過ごしたいかという目線で選んでいただきたいと思います。

公的補助が受けられる出産費用

出産にはお金がかかるイメージですが、申請すれば受けられる公的補助も複数あります。

出産育児一時金

手続きは助産院や病院で行います。国民健康保険、または健康保険に加入しており、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した方が受給できるのです。子ども1人につき4200,000円が支払われ、多胎だと人数分支払われます。 費用が420,000円以下だった場合、手続きして1~2ヶ月後に指定口座へ振り込まれます。420,000円以上掛かる場合は、退院時にその差額を現金で支払うシステムです。そのため、ほとんどは出産育児一時金に自費でおよそ100,000円〜150,000円程度と考えておくというのが相場であるようです。

出産手当金

働いている妊婦さんだと、産前42日・産後56日の産休中に会社から給料が支払われていなければ、勤務先の健康保険から給与の3分の2が支給される「出産手当金」という制度があります。勤務先が加入している健康保険の保険料を支払っている正社員、契約社員、パート従業員、アルバイトの妊婦さんと、条件を満たしたうえで退職した妊婦さんも対象です。ただし、自営業などで加入している保険が国民健康保険の妊婦さんや、専業主婦などでご主人に扶養されている妊婦さんは対象外です

高額療養費制度

「高額療養費制度」は、帝王切開での出産などの健康保険が適用される治療をして、月初から月末までの合計自己負担額が高額になった場合に、定められている自己負担限度額を超えた金額が払い戻される制度です。ただし、自然分娩は健康保険が適用される治療ではないので、対象にはなりません。

高額医療費控除

医療費が戻ってくる「高額療養費制度」に対して、税金が戻ってくるのが「高額医療費控除」です。家族全員分の1年間の合計医療費が10万円を超えた場合か、年間合計医療費が所得の5%を超えた場合に、確定申告をすることでお金が戻ってきます。扶養している家族であれば、「実家に住んでいる母」などの医療費も合算できます。

傷病手当金

「傷病手当金」は、つわり(重症妊娠悪阻)や切迫流産など、仕事ができない状況で欠勤が続いた場合に、標準報酬日額の3分の2が健康保険から支給されます。ただし、支給されるのは連続3日間以上休んだ場合のみで、4日目から支給開始されます。支給開始日から最大1年6ヶ月間が支給期間です。

仕事と無関係な病気や怪我で働けなくなった時に支給される制度なので、業務上や通勤上の病気や怪我など「労災」と認められた場合は、傷病手当金の対象外になることがあります。また、欠勤している間、会社から給料が支払われると対象外になります。ただし、給与が支払われても、受け取った給料が傷病手当金の日額より少ない時は差額分が支給されます。自営業の人など、加入している保険が国民健康保険の場合は傷病手当金の制度はありません。

上記以外の給付金や還付金だけではなく、都道府県や市町村ごとの補助がある場合もあります。いずれも自分で手続きすることが必要ですので、前もって確認しておくと良いでしょう。

出産は家族や女性にとっての一大イベントのひとつ。長いお付き合いになる助産院や病院は、有名どころや費用にはこだわらず、助産師、医師、スタッフなどの人柄で選ぶのが一番なのではないでしょうか。

PAGETOP